0コメント

発表無かったMacBook Air 13"、Apple製品発表会hello again

HelloAgain.jpg(c)Apple

2016/10/27深夜にアップルの製品発表会、"hello again"が有りましたが、発表されたのは新型MacBook Pro 13インチと15インチだけで、新型Airの発表はありませんでした。

今回発表された新型MacBook Proの目玉は、物理Functionキーを無くし、新たにタッチ型有機ELディスプレイを搭載したTouch Barと指紋認証Touch IDぐらいで、あとはスペックアップ、サイズの縮小、軽量化、広域スピーカー、明るくきれいになったRetinaディスプレイなど、マイナーチェンジにとどまる内容でした。値段も13インチ(Touch Bar無し)で148,800円からと、以前MacBook Airが売れまくったころの価格と比較するとなんだか割高感があります(Proだし当然ですが)。しかし製品自体は確実にブラッシュアップしてきています。

そんな発表会で、いくつか気になる点も。

1. Escキーってどうなるの
FunctionキーをTouch Barへと進化させたのは良いのですが、左上のEscキーまで無くなってしまいました。入力中や動作のキャンセルに無くてはならないEscキーはどうなってしまうのか。

またWindowsで多用する人もいる日本語入力中のカナ変換(F7)やひらがな変換(F10)がないとWindowsがメインのユーザーはちょっとつらいかもしれません。コントロールキー+J/Kなどで代用できますが慣れが必要だと思います。

2. MacBook Airどこ行った
新製品発表後のAppleホームページから11インチのMacBook Airが消えてるんですけど。13インチのAirはまだ表示されていますが、MacBook Pro 13インチが小型軽量長時間駆動で高価格なので、Airを廃止し12インチ MacBookと13インチ/15インチ MacBook Proにラインナップをシフトしていくのかもしれません。確かに最初のドライブ付きのMacBookから比べると今の13インチMacBook Proは1.37kg、13インチAirは1.35kgと、重量は大差が無くなってきました。

新MacBook Air 13インチはCPU/SSD/メモリのスペックアップ+Retina化するだけで買うんですけどね。

他にはTV Appが発表されていましたがあまり興味が出ませんでした(Airの発表が無かったから…)。

発表前までは新型MacBook Air13インチを買う気だったのですが、今回発表されないと今後もう出ない気もしてきて、Pro13インチで妥協するか悩みます。hellow again, New MacBook Airと新型13インチAirに言いたかったですね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック