0コメント

URLのwww有り無しを統一してみました

domain.jpg

このWEBをseesaaブログ+独自ドメインで始めてから気が付いたのですが、www有りのURL(http://www.syntax-e.net)しかアクセスできず、www無し(http://syntax-e.net)の場合接続できていませんでした。独自サーバを準備せずseesaaのブログサービスを利用しているのですが、どちらか一方しか独自ドメインとして登録出来ないためでした。

調べてみると、WEBサーバにApacheを使用していている場合、普通は.htaccessファイルにリダイレクトの情報を記述し対処するようなのですが、無料ブログスペースで運用しているこのWEBは.htaccessファイルの内容を変更することができません。

あきらめきれずURLの転送設定を探していたところ、使っているレジストラにURL転送サービスがあったのでそれを使用することにしました。灯台下暗しでしたね。備忘録をかねてメモしておきます。

URL転送によるwww有り無し統一の設定

お名前.comの転送PlusにあるURL転送機能を使用してwww無しのURLをwww有りのURLに転送します。

onamae_forward.jpg

<この設定の条件>
レジストラ:お名前.com
ブログ:seesaaブログ
ドメイン:独自ドメイン
seesaaには"http://www.syntax-e.net/"(www有り)で使用する外部ドメイン名を登録している状態です。


ドメインナビのオプション設定から

onamae_navi.jpg

転送PlusのURL転送をクリック。

onamae3.jpg

次の内容を設定します。

onamae_Settings.jpg

転送元URL:空白 (サブドメインなしのURLになります)
転送先URL:www有りのURL
転送タイプ:リダイレクト

今回はwww有りに統一するので転送タイプをリダイレクトにしました。

今はwww有りと無しのどちらがはやりなんですかね。個人的にはwwwは有った方がwebっぽいと思うのですが、携帯からのアクセスなんかを考えるとURLが短くなるwwwが無い方が良いのかも。それにしても草生えまくりの記事ですな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック