0コメント

Xiaomi Mi5s MIUI8をセキュアに使ってみる(設定編)

censorship.jpg

ちょっと信用のおけないXiaomiですが、コミュニティや日本のサイトを見ているとやはりセキュアに使用するためにいくつか設定の変更を行って使用されている方が多いようです。

しかしMi Cloudなどのシステムに深くかかわるアプリは、設定を変更するとうまく動作しないものや、一つのアプリから設定を許可しただけでいくつものアプリの設定が変わってしまうものもあり、常用できる設定を探していました。

いくつかトライした結果、以前考えていたセキュリティレベルからは少し落ちますが、大まかなセキュリティ設定が固ってきたのでメモ書きとして残しておきます。

セキュリティ設定のうち重要度が高そうなものから順に記載します。

1. Global/カスタムROMの使用(重要度 高)
xiaomi.euのカスタムROMの場合、中国向けサービスがすべて削除されることとコミュニティの充実ぶり(監視の目がたくさんある)から、怪しげなアプリや設定は排除されていると思います。

またGlobal ROMもメーカー標準の安心感がありますが現時点でMi5sは中国国内向けにしか発売されておらずGlobal ROMのリリース時期は不明ですので、まずはカスタムROMの導入をおすすめします。

2. Mi Cloudの設定(重要度 高)

Contacts Off
Messages Off
Gallery Off
Call History Off
Notes Off
WLAN Off
Calender Off
Recorder Off
ブラウザ Off
Back up device Off
Restore from backup 未使用
Find Device Off

サーバ側でデータがどのように扱われるか不安なのとデータ通信量が増えるので、基本全部OFFにしています。Mi Cloudの画面上部でSync onをタップするとすべての設定がOnに戻りますので、ご注意ください。

3. Permissionの変更(一部重要度 高)

Body Sensors
Calendar
Camera
Contacts
Location
Microphone
Phone 権限変更
SMS 権限変更
Storage
その他の権限
Mi Pay
SmartcardServicePermission label
miui.permission.ACCESS_BLE_SETTINGS
インスタントメッセージを作成
インスタントメッセージを表示する
自動車の情報

この中から、PhoneとSMSの権限を変更しています。
Phoneの権限を選び右上の設定からシステムを表示を選択したあとに怪しそうなアプリ/システムの権限をOffにします。今回はCalendarやブラウザ、Mi Cloud、Yellow pagesなどのPermissionをOffにしました。SMSの権限も同じように設定します。

4.Defaultアプリの変更(一部重要度 高)

Launcher
Dial
Messaging
Browser Chromeに変更
Camera
Gallery
Music
Email
Video

この中で重要なのはいろいろなWEBサービスにアクセスするときに使用するブラウザアプリだと思います。またDialアプリとRecorderに通話内容や会話記録を、保存されるのも危険かと思います。しかしDialアプリは変更後安定して使えない場合があり、RecorderとCall HistoryのMi Cloud使用を停止することで我慢できる程度にセキュリティを向上させ使用していくことにしました。各アプリのパーミッションは基本的に要求のあったものはすべて与えています。

5.データ通信スピードの表示(重要度 中)
これはWEBで見かけた設定ですが、地味に安心感があるので記載しておきます。

Settings - Notifications &status bar - Show connection speedをOnにします。

バックグラウンドで動作しているアプリの通信量が数値で表示されるようになりますので、予期しないデータ通信を確認することができます。

この設定でしばらく使っていきたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック