0コメント

最新 Mi5sのxiaomi.euカスタムROMアップデート(6.10.27)

最新情報にアップデートしました(2016/10/28)。

21日からMi5sのMi Phoneアプリ(電話アプリ)が起動直後にクラッシュし立ち上がらなくなりました。これじゃ電話がかけられないぜ。


TelClash.jpg

本体リセットなど試してみましたがまったく起動しないので初期状態に戻そうと思ったところ、最新のxiaomi.euカスタムROMがアップデートされていたのでROMを焼き直したいと思います。

(追記:Permissionの設定でPhoneの権限からContacts and dialerをOffにしていました。Xiaomiは悪くない…。)

xiaomi.euからカスタムROMの最新版をダウンロードします。

以前ブートローダーはアンロックしているので、さっくりインストールしていきます。

手順はほかのWEBに詳しく解説してあるものがたくさんあるので、ここでは当方の備忘録としてメモ程度に書いておきます。

手順
1. ブートローダーのアンロックと準備いろいろ
2. fastbootコマンドを使いTWRPでMi5sを起動
3. TWRPでフォーマット
4. TWRPでROMのインストール
5. 再起動

1. ブートローダーのアンロックと準備いろいろ
Xiaomi Mi5sはセキュリティを保つためカスタムROMの書き込みなどが出来ないようにXiaomi側でスマホ本体に制限をかけています。その書き込み制限をXiaomiに申請し解除してもらうことをブートローダーのアンロックといいますが、今回ブートローダはアンロック済みなので手順はスキップします。ブートローダーのアンロック方法に関しては以前書きましたので、そちらを参照してみてください。またほかのメーカーでは申請を行わなくてもアンロックできるものもあります。

その他の準備は、

USBデバッグモードで接続
今度詳細記事を書いてみます。

TWRPの準備
お使いのPCでTWRPインストールできるようにします。インストールイメージは私の場合c:\Mi5s\twrp.imgに配置しています。

xiaomi.euのカスタムROMの準備
xiaomi.euからダウンロードしておきます。

2. fastbootコマンドを使いTWRPでMi5sを起動
fastbootモードというROM書き込み可能なモードで起動させます。起動方法はMi5s本体の電源をOFFにした状態で、右側のボタンの"音量を下げる+電源を長押し"するとfastbootモードで起動します。起動後PCに接続します。

3. TWRPでフォーマット
全データが消えますよー。ご注意ください。
PCでfastbootコマンドが使える前提です。fastbootモードのMi5sを接続したPCでコマンドプロンプト(管理者)を立ち上げ、そこから次のコマンドを入力します。

c:\Windows\system32>

この後に、次のコマンドを入力します。

>fastboot boot C:\Mi5s\twrp.img [Enter]

これで自動的にMi5s上にTWRPが起動します。

TWRP起動後、

IMG_0418.JPG
Wipeをタップ


IMG_0423.JPG
Format Dataをタップ


IMG_0421.JPG
"あなたの内臓ストレージのアプリ、バックアップ、写真、ビデオ、メディアと暗号化を削除します"、"もとに戻せません"、"つづけるならyesを入力してください"と表示されるので、yesをスマホのキーボードから入力しエンター。


3. TWRPでROMのインストール
フォーマット完了後、PCのエクスプローラから、Mi5sにxiaomi.euのカスタムROMのイメージ(zipファイル)をコピーします。

IMG_0425.JPG
Mi5sのTWRP画面から、Installをタップすると先ほどコピーしたROMのイメージファイルが表示されるので(場所は/sdcardの下)、そのファイル名をタップします。


IMG_0427.JPG
一番下のSwipe to confirm Flashをなぞって実行します。


4.. 再起動
再起動後、MIUI8の初期画面が表示され、カスタムROMインストールと初期化が終了しました。


あとはmorelocale 2で日本語ロケールの設定を行えば、ROMの更新完了です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック