0コメント

セキュアにXiaomi Mi5sを使いたい(わがまま)

secure_Lock.jpg

Xiaomiは個人情報を勝手に中国サーバに送信していた過去があり、クラウド系のサービスを使うには覚悟が必要です。


XiaomiはMi CloudというAppleのiCloudと同じようなサービスを提供していますが、iCloudがiPhoneと連携をしサービスを提供しているのと同じく、Mi CloudもMIUIのシステムと密接に連携しており、全てを使わないということは難しいです(カスタムROMを使えば出来るかも)。

またそのサービスをApple提供のサービスと同じ安心感で使用することは出来ません。そこでMi CloudとiCloudの比較と、セキュリティにどの程度影響がありそうかを簡単な表にまとめました。


iCloudとMi Cloudの比較
サービスiCloudMi Cloud怖い度コメント
メイン比較  ○=怖くない
△=ちょっと怖い
×=怖すぎ
 
ストレージiCloud DriveStorage
保存するデータに
よる
オンライン
写真保存
写真Gallery 
メールメールMail 
電話帳連絡先Contacts 
スケジュールカレンダー
リマインダー
Calendar 
ブラウザ
履歴
Safariブラウザ× 
ホーム
コントロール
ホームMi Home未インストール
おさいふWalletMi Wallet/
HCE Wallet
×
セキュアチップを使わ
ないHCEは怖い
パスワード
管理
キーチェーンブラウザに統合
/WLAN
× 
クラウド
Backup
バックアップBack up device
全てを渡す勇気が
ない
端末
位置情報
iPhoneを探すFind Device 
その他    
SMS/MMSiMessageMessaging 
通話ログ Call Histroy×
通話内容バレるの
怖い
ボイスメモ
ボイスメモ
(iTunesに保存)
Recorder×
録音データ保存
されるの怖い


やはりクレカ情報やサービスのパスワードを扱うパスワード管理機能が最恐ですが、パーミッションを与えてしまった後はやろうと思えば何でも出来ちゃうCall HistoryやRecorder(重要だから録音するのにそれをクラウドにアップ)なんかも地味に怖いサービスです。

この情報をもとに設定をいくつか変更してみました。MessagingやPhone(電話アプリ)は別の物に変更できますが、いつの間にか設定が戻っていたりするので、クラウドサービスだけをオフにしてうまく使っていく必要がありますね。

ちなみに一番安全そうなXiaomi Walletはこれです。

勝手にこっそり送信されたらどうしようもありませんが、そこまで行くと他のスマホでも同じなので、気を付けながら使ってみます。

セキュアな設定の詳細は別の記事にまとめたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック